源田壮亮

埼玉西武ライオンズでショートのレギュラーとして入団1年目から活躍する源田壮亮選手ですが、2019年10月に元乃木坂46の衛藤美彩さんとの結婚が発表されました。

二人のファンからは祝福の声が上がる一方、衛藤さんをこれまで応援してきた人からは嘆きの声も上がりました。

今回は、源田壮亮選手と衛藤美彩さんの馴れ初めと、乃木坂の一部ファンから上がった嘆きの声について紹介していきます。


源田壮亮・衛藤美彩のプロフィール

源田壮亮 衛藤美彩

源田壮亮選手は埼玉西武ライオンズのショートとして活躍するプロ野球選手です。

大分県出身で、高校のコーチのすすめで愛知学院大学に進学、4年次には主将としてリーグ優勝に貢献しました。

その後、トヨタ自動車に進み、2016年の都市対抗野球にてトヨタ自動車の初優勝に貢献する結果を残し、優秀選手賞を獲得しました。

そして、2016年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3巡目で指名され、プロ野球選手の仲間入りを果たします。

入団1年目から公式戦全試合フルイニング出場し、新人王を獲得する活躍をします。

また、日本代表メンバーとして国際大会にも出場し、チームだけではなく日本プロ野球界を代表する選手の一人となっています。

対して、衛藤美彩さんは元乃木坂46のメンバーで、卒業後はファッションモデルやタレントとして活動しています。

大分県の出身で、高校時代はモデルとして活動したり、地元のアイドルグループのリーダーとして活動していました。

高校卒業後は歌手を目指して状況、さまざまなオーディションに参加し、見事乃木坂46の1期生を募集するオーディションに合格しました。

加入後はなかなか選抜メンバーに入ることができませんでしたが、握手会の売り上げが選抜メンバー並みに高かったことや、歌唱力やMC力が高くさまざまな事情で出れなくなったメンバーの代役をそつなくこなすことから初期のころは最強のアンダーとも言われていました。

7thシングル以降は選抜メンバーに選ばれるようになり、22枚目のシングル「帰り道は遠回りをしたくなる」の全国握手会をもってグループを卒業しました。

卒業後から現在に至るまで、タレントやファッションモデル、女優としても活躍しています。


2019年10月に入籍、共通点の多い2人

源田壮亮

西武のレギュラーだけじゃなく、日本代表の主軸として活躍する源田壮亮選手とタレントやモデルとして活動する衛藤美彩さんは2019年の10月に入籍しました。

二人の交際がスタートしたのが衛藤さんが乃木坂46を卒業した後の2019年4月なので、交際期間半年というスピードでの結婚でした。

この結婚までのスピードは、この二人の共通点の多さが要因だと思われます。

まず、二人の馴れ初めですが、最初の出会いは衛藤さんがキャスターを務める「プロ野球ニューズ」で衛藤さんが源田選手をインタビューを行ったのがきっかけです。

同郷同士であることや同い年であることからインタビューは和気あいあいと進み、その様子はテレビで放送されました。

その後、二人は連絡先を交換し、二人で度々食事に出かけることもあり、その中で少しずつ距離を縮めていきました。

そして、衛藤さんが乃木坂46を卒業したことをきっかけに、源田選手が交際を申し込んで交際スタート。

同じ年の10月には婚姻届けを提出し、入籍しました。

このように、二人は同じ大分県の出身で、年齢も一緒で共に野球が大好きだという共通点があり、仲を深めるきっかけとなったのです。

馴れ初めには乃木坂の一部ファンが疑問も

衛藤さんがキャスターを務める「プロ野球ニュース」で二人は知り合い、その後関係性を深めていって、衛藤さんの卒業をきっかけに交際・結婚に至った二人ですが、そんな二人の馴れ初めに乃木坂46のファンから疑問の声もあがりました。

グループからの卒業から2週間も経たないうちに交際発表がされたことが大きく、馴れ初めが本当に真実なのかと疑問に思う乃木坂ファンがある程度いたのです。

特に、衛藤さんを熱心に応援していたファンを中心に、乃木坂在籍時代から実は交際関係にあったのではないかと疑いの声もありました。

また、馴れ初めが事実だったとしても、アイドルとして活動している間に特定の男性と二人で定期的に会うのは、アイドルとしてどうなんだという意見もありました。

このように乃木坂46を応援しているファンやアイドルとしての衛藤美彩を応援してきたファンから疑問の声や厳しい声は上がりましたが、多くの人が二人の結婚を祝福しています。

まとめ

源田壮亮

今回は、2019年10月に入籍した埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手と、元乃木坂46メンバーで、タレントとして活躍する衛藤美彩さんの馴れ初めについて、詳しく紹介してきました。

二人の出会いのきっかけはスポーツ番組でのインタビューで、その後同郷の同い年ということで距離が縮まり、衛藤さんが乃木坂46を卒業するのを待ってから交際をスタートさせました。

そして、交際から約半年で入籍し、シーズンオフには二人の関係者を読んだ結婚式も行われました。

そんな二人の結婚に対して祝福の声がある一方で、乃木坂ファンからは二人の馴れ初めの話について、疑問の声があったのも事実です。

二人が交際スタートしたのは衛藤さんが乃木坂46を卒業した後でしたが、その前から二人の関係性は親しい関係にあり、交際関係ではないものの、アイドルというたちばっでありながらプライベートで特定の男性と親しくしているのはどうなのかという意見が当時は上がりました。

アイドルファンからしたらめでたい話である反面、複雑な話にもなってきます。

ですが、今では多くの人が二人の結婚生活を応援しています。

今後、源田選手と衛藤さんがそれぞれ支え合い、それぞれの道で活躍していく姿を楽しみにしていきたいです。